生涯看護師LIFE

出産後も看護師を続けていく

自分を磨いて生涯現役の看護師を目指そう!

このサイトって?

看護師は大変な仕事ですが、ますます需要が高まっていて将来性があり、人助けが目的のやりがいのある仕事です。結婚出産という女性のライフイベントを経験しながらキャリアアップをするにはいろいろと工夫も必要ですが、資格取得や転職などを通じてより良い働き方が選択できるはずです。このサイトでは生涯看護師を目指す人のためのお役立ち情報をまとめています。ぜひ参考にしてください。 このサイトへのお問い合わせはこちらまで : nurse-lifetime@outlook.jp

新着記事

看護師婚活情報を詳しく見る

ブライダルネット

出会いを求めているのなら、実績豊富で低価格、全額返金保証制度もある「ブライダルネット」へ登録するのが近道です。

結婚・出産後も看護師として働く

女性看護師の多くは結婚や出産後も看護師として働き続けたいと考えている人が多いようです。そんな女性看護師たちのプライベートな悩みとはどんなものがあるのでしょうか?「結婚をしたくても、出会いが少ない!」「仕事中、子供をどこに(誰に)預けるのか?」「結婚相手との価値観の違い」など看護師ならではの悩みのようです。そこで、そんな女性看護師のお悩みを一つ一つ考えてみましょう。あなたの悩みにピッタリの答えがあるかもしれませんね。

よく考えよう!お互いの結婚観

結婚が決まると、嬉しくて仕方がないと思います。とくに婚活を頑張っていた女子にとって「結婚=幸せ」です。でも待って下さい。そんなときこそ物事を冷静に考える必要があります。それは二人の将来的なライフプランについてです。生まれも育ちもまったく違う二人が結婚して家族になるのです。価値観の違いや将来のビジョンについての考え方の違いなど、しっかり話し合い、お互い理解しておく必要があると思いませんか?より良い未来のために、結婚相手と話し合っておくべきライフプランについてご紹介します。 続きを読む

よく考えよう!お互いの結婚観

託児所があれば働ける!

看護師の仕事は女性の多い職場であるため、結婚や出産後も働き続ける人が少なくありません。一生働き続けられる職業として、看護師を選んでいる人もいるくらいです。子供を産んでママになっても、看護師として働きたいと思っている人は多いでしょう。しかし、一般職と違って看護師の仕事は夜勤があったり、シフト勤務で休日もバラバラです。そのため、子供をどこに(誰に)預けるかが悩みの種となってしまいます。そこで病院併設の託児所をオススメします。 続きを読む

託児所があれば働ける!

結婚相手を見つけるには?

「出会いが少ないっ!!」実は、多くの女性看護師の悩みが仕事ではなくプライベートにあるようです。女性の多い職場で日々ハードな仕事に追われる看護師さんたち。彼女たちは気が付けばあっというまに結婚適齢期ということが多いようです。だけど、結婚相手を探そうにも出会いが少ない……。そんな女性看護師さんたちの中でもしっかりと結婚相手を見つけて幸せな家庭を築いている人がいます。彼女たちはどうやって結婚相手と出会ったのでしょうか? 続きを読む

結婚相手を見つけるには?

育児を助ける便利グッズ

子育て中のママにとって、赤ちゃん用の便利グッズはとっても助かるものです。赤ちゃんとのお出かけのときや忙しくて手が離せないとき、授乳をするときなど、あったら便利と思えるグッズがとっても役に立ってくれるのです。そこで「赤ちゃんが喜ぶもの」や「使って便利と思えるもの」など、人気の商品をいくつかご紹介していきます。ぜひ、これらの便利グッズを上手に使っていただいて、より快適で楽しいママライフを送って下さいね。 続きを読む

育児を助ける便利グッズ

注目!看護師の魅力に迫る!

結婚相手を見つけるには?
結婚相手を見つけるには?

独身看護師たちの共通の悩みと言えば「出会いが少ないっ!」ということのようです。そのため、気が付けば婚期を逃してしまい……。なんてことも。そこで、独身看護師が結婚相手を見つけるにはどうすればいいのかを考えてみました。

キャリアアップの選択肢
キャリアアップの選択肢

看護師にはキャリアアップの選択肢が多岐にわたります。ライフスタイルや理想の看護師像などを考えながら、キャリアアッププランを作成しましょう。どのようなキャリアアップを選択するかによって、あなたの将来は大きく違ってきます。

将来性とやりがいは?
将来性とやりがいは?

看護師を目指している人や今から目指そうかと考えている人が気になるのは「看護師の将来性」でしょう。日本では高齢化の影響などもあり、看護師が不足しており、多くの病院や施設が看護師を求めています。看護師の需要は今後、ますます高まると思われることから、将来性のある仕事と言えるでしょう。