生涯看護師LIFE

看護師の定年と再就職

自分を磨いて生涯現役の看護師を目指そう!

このサイトって?

看護師は大変な仕事ですが、ますます需要が高まっていて将来性があり、人助けが目的のやりがいのある仕事です。結婚出産という女性のライフイベントを経験しながらキャリアアップをするにはいろいろと工夫も必要ですが、資格取得や転職などを通じてより良い働き方が選択できるはずです。このサイトでは生涯看護師を目指す人のためのお役立ち情報をまとめています。ぜひ参考にしてください。 このサイトへのお問い合わせはこちらまで : nurse-lifetime@outlook.jp

新着記事

※以前ジョブス看護へのリンクがありましたが、サービスが終了してしまったため、取り除きました。

定年後も再就職が可能!

定年退職の年齢は、一般的には60歳が定年と規定されているケースが多いようですが、2025年には定年が65歳となります。では、看護師の場合はどうなのでしょうか。

定年後も再就職が可能! 定年後も再就職が可能!

看護師の定年とは?

定年後も再就職が可能! よく看護師には定年がないと言われていますが、実際には、国公立病院の場合「公務員の定年制度に準じた年齢で60歳前後」、民間病院の場合「就業規則に定められた年齢60歳~65歳」、または「法人(企業)で定められた就業規則があれば、その定めるところの年齢」になると定年退職となります。
しかし、定年後も再雇用や退職後の嘱託として働き続ける看護師が増えているようです。その理由としては、現在の日本は慢性的な看護師不足にあり、技術も経験も豊富な看護師を積極的に雇用したいと考える病院や施設が増えていることがあげられます。

定年後の再就職が有利

一般的な仕事の場合、定年後に再就職先を見つけるのは、求人数も少なくとても難しいようです。しかし、看護師の場合は職場によっても異なりますが、経験と技術が重視される仕事であるため再就職先に困ることはありません。とくに看護師不足の影響もあり、定年後の看護師を積極的に募集している病院や施設も増加しているようです。
ただ、定年後となると若い頃に比べて体力も集中力も落ちてしまい、腰痛や腱鞘炎などの病気を患っている人も少なくありません。夜勤や体位交換が必要な病棟などでの勤務は体力的にも精神的にも大変です。また、最新機器を使用する場合もその使用方法を覚えるのに時間がかかってしまうこともあり得ますね。定年後の再就職を見越して、体力作りや機器の使い方にも気を使っていくことをオススメします。

定年後も働き続けるには!?

定年後に再就職を希望する場合は勤務時間や勤務する場所、仕事の内容など無理のないように選ぶ必要があります。それぞれの経験や年齢などに合せて、勤務条件などをよく検討して働きやすい職場を探しましょう。他にも看護師としての経験を活かした「介護業界への進出」や「ターミナルケア(終末医療)」の分野など、社会のために貢献し続ける生涯現役看護師が増えているようです。このように、看護師の仕事は年齢にこだわらず、取得した資格をおおいに活用して、納得のいく年齢まで働くことができるのです。
今後、ますます看護師不足は続きます。多くの病院や施設では看護師不足を解消するために、定年後の看護師が継続して働くことのできる職場環境を整えていくことと思われます。

注目!看護師の魅力に迫る!

結婚相手を見つけるには?
結婚相手を見つけるには?

独身看護師たちの共通の悩みと言えば「出会いが少ないっ!」ということのようです。そのため、気が付けば婚期を逃してしまい……。なんてことも。そこで、独身看護師が結婚相手を見つけるにはどうすればいいのかを考えてみました。

キャリアアップの選択肢
キャリアアップの選択肢

看護師にはキャリアアップの選択肢が多岐にわたります。ライフスタイルや理想の看護師像などを考えながら、キャリアアッププランを作成しましょう。どのようなキャリアアップを選択するかによって、あなたの将来は大きく違ってきます。

将来性とやりがいは?
将来性とやりがいは?

看護師を目指している人や今から目指そうかと考えている人が気になるのは「看護師の将来性」でしょう。日本では高齢化の影響などもあり、看護師が不足しており、多くの病院や施設が看護師を求めています。看護師の需要は今後、ますます高まると思われることから、将来性のある仕事と言えるでしょう。